夏も涼しい

広い庭

ミストシステムの価格のまだ割高である

屋外での夏の暑さに対する対策としてはミストシステムが効果があります。噴出される霧はドライのため洋服を濡らす心配はありません。ドライミストシステムが最初に大規模に導入されたのは2005年に愛知県で開催された愛・地球博においてです。夏の暑さ対策として展示場を巡る回廊の部分にミストシステムが設置されました。当時はまだ、開発当初ということもありかなり高額ではあったのですが、環境に優しい万博ということで導入されたという経緯がありました。ミストシステムの効果については一定の評価がされたためその後も各地で導入が進んでいます。一定の効果は期待できるのですが、風が強い時には使用してもあまり効果が見られませんので、そこが問題です。

普及すれば価格下落余地がある

地球温暖化の影響もあって日本の夏の暑さも従来以上に厳しくなっています。人の集まる屋外でのミストシステムの導入が期待されるところですが、現在の価格のままでは一部の施設での導入に留まるい可能性があります。今後導入を促進するためには価格の引き下げが絶対条件になります。現在のミストシステムはドライミスとですから報復が濡れることも無く、肌に感じる際もさわやかに感じますので名?るの暑さ対策としては最適なシステムということが出来ます。メーカーサイドでの原価低減による販売価格の引き下げに加えて導入に際してのインセンティブの提供があれば導入する施設の増加が期待できるのではないかと思います。メーカーにとってもスケールメリットによる更なる原価低減が図られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加